最先端の技術と厳格な施工管理体制のもと最適工法を提供いたします

地盤調査05:三成分コーン試験

■地盤調査05:三成分コーン試験

三成分コーン貫入試験で得られる先端抵抗・間隙水圧・周面摩擦力を基に、建物の支持力・沈下の 解析・地盤の液状化判定が正確かつ高精度に行える地盤調査・解析システムです。

 

1.方法

ロッドの先端に三成分コーンを取り付け、予め所定深度分のロッド全てに測定ケーブルを挿入しておきます。 センサー調整をした後、油圧ジャッキ内に三成分コーンを挿入し、地面に垂直に突き立てます。 深度計をロッドに取り付けます。 油圧を調整しながら、所定速度(2cm/秒)でコーンを貫入します。 油圧シリンダの伸縮、ロッドの継足しを行いながら速やかに貫入します。

 

 

2.特徴

・コーンの先端抵抗・間隙水圧・周面摩擦力を基に、支持力・沈下の解析、液状化の判定が行えます。 ・調査機器が小型で、狭い場所でも調査可能です。 ・土質試験不要で、すぐに判定結果を確認できます。 ・1cmごとの連続したデータを測定可能です。

神奈川県相模原市南区相南4-23-15 2F

TEL042-701-2360

受付:平日9:00 ~ 18:00(日祝祭日は除く)